子供の食事に私が最近気をつかっていること・・・

日本人の死因第一位は癌で二人に1人は癌を発症すると言われています・・こんなに医学が進歩してもなかなか打ち勝つことが出来ない癌ですから、ならないように予防することがとても大切ではないでしょうか?

子供のころから食生活ときちんと考えてあげないと、病気に打ち勝つことが出来る強い体を手に入れることはできないのではないでしょうか?私の親戚にも癌を発症した人が数人いるので、癌家系だと思うんです・・最近は親戚や親族に癌になった人がいないほうが少ないのかもしれません。いつ自分が発症してもおかしくないので、今できることをやるしかありません。特に子供の食事には注意しており、一番気を付けているのはお菓子の与えかた・・子供はお腹を空かせて帰ってくるので、お菓子は必要ですよね・・しかし、スナック菓子などはなるべく買わないようにし、時間があれば手作りしたり忙しいときはおにぎりを作っています。もちろん、それだけでは子供がストレスに感じてしまうと思うので、時にはチョコレートやおせんべいなども買います。

食事はなるべく魚と肉を交互に出すようにし、旬の物を出すようにします。海藻類や野菜も必ずメニューに加え、飲み物はお茶かトマトジュース、ジュースはほとんど買いません!ですから我が子はジュースは特別な物だと思っているようで、友達の家に行ったときや誕生日、外食した時だけと自分たちでも理解しているようです。

最近は給食でも無理に嫌いな物を食べなくていいと言われるみたいですね!アレルギーなどの問題もあるので教師が無理に食べさせて何かあったら困るからでしょう・・ですから、偏食の子が多く魚は一切食べない!牛乳は飲まない!野菜は食べない!という偏った食事しかとらないようです。

嫌いなものでも食べるようにした方が体のためには良いのでしょうが、これ葉kk理は難しいのかもしれません・・しかし、あまりにも偏っていると健康な体を作ることが出来ず、免疫力も低くなってしまいますね。

早死にする人に共通する生活習慣、食習慣

若くして突然死ぬ人や病気で死ぬ人も世の中にはいますよね?運命と言ってしまえばそれまでですが、日本人の長い寿命を考えると明らかに早死には寿命を全うしたとは言えませんよね・・一生懸命働いてお金を貯めても死んだら意味がありません!そんなことにならないために自分の健康は自分で守ることが大切なのかもしれません。

若いころはある程度無理をしてもすぐに回復しますし、社会が若いんだから少しは無理をしろ!という風潮にあるため、のんびり過ごすなんてことがないかもしれません。日本人は元々も遊ぶことが下手で時間があっても何をして良いのか分かりません。余暇の使い方を知らないので、それを楽しむこともできないのです。また、それが悪といった罪悪感を感じてしまうのかもしれません。

実は、早死にした人にはいくつかの共通点があり、もちろん死に方は様々で統計でしかありませんが、参考にすることで自分や家族の生活習慣や食生活を見直すことが出来るのではないでしょうか?

まずは食生活ですが、

・お酒が好き、強い
・コーヒーをよく飲む
・三食きちんと食べる
・食事をコンビニで済ませる
・甘いものが好き
・早食い
・大盛りを注文する
・お酒を飲んだ後にラーメンを食べる
・寝る前に食事をする
・スナック菓子をよく食べる

これを見て分かると思いますが、一般的によくやる事ばかりで三食食べるって当たり前じゃない?って思うのは私だけでしょうか・・他は確かに体にあまり良くないと言われることですが、誰でもやりがちなことばかり・・

生活習慣

・働き過ぎ
・運動不足
・睡眠時間が短い
・浪費癖
・休日は好きなことに没頭
・友達が少ない
・生活が不規則
・流行ものに飛びつく
・セックスをしない
・外に出るのが嫌い
・借金がある・ハードな運動を趣味にしている

このような生活習慣が必ず早死につながるわけではありませんが、確かに健康や精神的に良くない事ばかりですよね・・神経質で真面目な人ほど早死にすると言われているので、ある程度適当に片づけることも大切なのかもしれませんね。

青汁より飲みやすい!神仙桑抹茶ゴールド

青汁はとても体に良いので多くの人が飲んだことがあるはずです。私も以前祖母に勧められて購入しましたが、どうしても味が好きになれずに続きませんでした・・どんなに体に良いと分かっていてもまずい物ってどうしても続きませんよね?健康食品はすぐに健康を得られるものではなく続けることで体質改善、足りない成分を補う効果があるので、一時的に取り入れても全く意味がありません。

青汁は野菜などの健康に欠かせない食品が足りない現代人にはとても良い物で、忙しい朝や野菜不足が気になる時など気軽に取り入れることが出来るので便利ですよね~しかも、水や牛乳と混ぜるだけ!子供にも飲ませたいのですが、あの味は子供には無理かも・・しかし、その健康効果を考えると取り入れたい・・と思った結果辿り着いたのが神仙桑抹茶ゴールドなのです。

神仙桑抹茶ゴールドは青汁の健康効果はそのままに、飲みやすさにこだわって作られているので、今まで青汁の味が嫌いで避けていた人でもグビグビ飲めちゃいます。我が家の偏食児もこの神仙桑抹茶ゴールドなら牛乳に混ぜて美味しく飲んでくれるので、カルシウムだけではなく食物繊維、ビタミン、鉄分、ミネラルなどの成分を一緒に摂取できて毎日元気です!

神仙桑抹茶ゴールドはお茶屋さんが作っているので、とにかく味にこだわり美味しく飲める工夫があります。また、糖の吸収を抑える成分や不要な水分を体外に出すカリウムなどが含まれるので、ダイエットのサポートにも効果的なんです。

青汁を超えた!?神仙桑抹茶ゴールドを買って飲んでみた結果・・・

大人から子供まで美味しく健康を維持できるなんて神仙桑抹茶ゴールドはすごいと思いませんか?これを飲むようになってから、ちょっとくらい野菜が足りない日でもニキビや口内炎が出来ることが一切なくなり、便秘解消のためか肌の調子もすこぶる良くなりました!定期購入を利用すればお得にしかも注文の面倒なしに続けることが出来るのでおすすめです!数回飲んだだけで体の変化は分かりません・・数か月続けて自分の体の変化を実感してください。

知らず知らずの間の食べてしまっている・・・癌になりやすい食品

テレビの特集などで癌に付いて色々な情報を得ることが出来ますが、○○をすると癌になっりやすいなんて言葉を聞くと怖くなってしまいますよね!

癌は体質などもありますが、予防することができる病気でもあるので自分に出来ることがあればやってみようと思いますよね?また、口にするものの中に発がん物質が含まれるものや、大量に摂ると癌の発症率が上がるものがあれば、避けることで自分だけではなく家族を守ることが出来るのではないでしょうか?

どのような食品でも同じで体に良い物でも摂りすぎると逆効果になってしまうこともありますよね・・でも、美味しい物ってつい食べ過ぎてしまいます。体に悪いと言われるものに限って美味しいから困った物です・・

それでは癌になりやすい食品とは具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

まず最近よく言われる豚や牛などの肉!肉は不足するのも良くありませんが、摂りすぎると直腸がんになりやすいと言われており、男性は一日100g、女性が80g以上摂取し続けると危険なんです。できれば、肉と魚を交互に食べるなどの工夫が必要なんです。

また、塩分は胃がんのリスクが高くなると言われており、一日の摂取量は小さじ一杯強にとどめなくてはなりません・・しかし、特に和食には塩分が多く含まれているため、出来るだけ醤油や塩を使わずに食べるようにしましょう!週に3.4日塩分の多い生活をしている人はリスクが2倍になるというデーターもあるんです。塩分の摂りすぎは高血圧の心配もありますので気を付けなくてはなりません。

アルコールの過剰摂取も肝臓がんや胃がん、乳がんのリスクが高くなります。日本では一日の適量をワインはグラス1杯、ビールロング缶1本と決まれれており、それ以上飲まないほうが体には良いようです。しかし、飲み会や仕事が終わってからの飲酒が習慣いになっている人は、この程度では満足できないのではないでしょうか?週に何回かは休肝日を作るなど体のことを考えて楽しくお酒を飲みましょう。

熱い食べ物や飲み物は食道を傷つけ食道がんになる可能性があります。急いでいても熱い物を一気に飲んだり食べたりすることはやめましょう!

 

癌が治る!?ゲルソン療法とは・・・

ゲルソン療法という言葉を聞いたことがないでしょうか?日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、欧米ではこれで癌が治った人とがたくさんいる食事療法なんです。

マックス・ゲルソンという医師が発案したのですが、彼自信は癌を患っておおらず、ひどい偏頭痛に悩まされていたそうです。しかし、偏頭痛のような慢性的な症状は病気ではないので上手く付き合っていくしかないと思われていたんです。しかし、ある時食事でその症状が和らぐことを知り、自分でも少しずつ食事を変えて何が偏頭痛の原因になっているのかを調べたのです。

そこで彼が突き止めたのが塩だったのです!彼だけではなく同じように偏頭痛に悩む人が塩を抜くと、多くの人に改善が見られたのです。そして、同時に皮膚結核患者も治ることが分かったのです。

450人の皮膚結核患者にこのゲルソン療法を試したところ、なんと446人の人に効果が出たのです!そしてがん患者も同じようにいい結果が出たと言います。

 

しかし、その内容はとても厳しく続けることがとても難しいかもしれません・・

1.塩を使ってはいけない
2.肉や魚の動物性の食事を摂ってはいけない
3.油を使わない
4.油脂を含んだものを食べない
5.大量の野菜と果物のジュースを飲む
6.糖分の制限
7.コーヒーで浣腸

このように見てみると続けられそうなものが一つもないのは私だけでしょうか・・・

この食事内容を症状が改善するまで続ける必要があり、期間が決まっていないのも辛いところですね。

しかし、がんを患っている人は生きるために色々なことに取り組みます。野菜しか食べない生活や山奥にこもる、温泉に毎日入る、神頼み・・生きるため病気を治すためなら周囲から見て大変なことでも前向きに取り組めるのかもしれません。

もし、自分や家族が癌を患っている人は興味がある食事療法かもしれませんが、誰もが必ず治りとは言いきれないので、しっかり調べ主治医に相談してから始めるようにしましょう!